共通教育で学ぶこと

取得できる資格・受験資格

スポーツサイエンス・ユニットで取得できる資格・受験資格は以下のとおりです。

レクリエーション・インストラクター資格

公益財団法人 日本レクリエーション協会

福祉や教育、スポーツ、ボランティア活動など、さまざまな場面で活用される方に役立つ資格です。レクリエーション・インストラクターは、ゲームや歌、集団遊び、スポーツといったアクティビティを効果的に活用し、「集団をリードする」「コミュニケーションを促進する」「楽しい空間をつくる」など、対象や目的に合わせてプログラムを企画・展開できる人材です。
指定された科目の単位を修得し申請することで、レクリエーション・インストラクターの資格が得られます。

健康運動実践指導者認定試験受験資格

公益財団法人 健康・体力づくり事業財団

健康増進や生活習慣病の発症予防・重症化予防において、身体活動・運動への注目がますます高まっています。健康運動実践指導者とは、自ら見本を示せる実技能力と特に集団に対する運動指導技術に長けた方に与えられる称号です。
指定された科目の単位を修得し申請することで、認定試験の受験資格が得られ、合格すれば健康運動実践指導者の資格が取得できます。
認定試験は年1回、指導実技試験および筆記試験(CBT方式)により行われます。

公認スポーツ指導者養成講習会修了証明書
スポーツリーダー資格

公益財団法人 日本スポーツ協会

スポーツ指導基礎資格です。地域におけるスポーツグループやサークルなどのリーダーとして、基礎的なスポーツ指導や運営にあたります。スポーツ指導の基礎的知識を学ぶ資格です。
指定された科目の単位を修得し申請することで、スポーツリーダーの資格が得られます。あわせて「共通科目T+U修了証明書」も取得でき、日本スポーツ協会で実施しているスポーツ指導者養成講習会(競技別指導者など)において講習・試験の免除を受けることができます。なお、資格取得には大学卒業が条件になります。

CSCS(NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)・NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)認定校試験受験資格

NSCAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会)公認

CSCSは、スポーツ傷害を予防し、パフォーマンスを向上させるという目的のために、安全で効果的なストレングス&コンディショニングプログラムを計画し、実施することができる資格です。主にアスリート、スポーツチームを指導対象とし、ストレングスコーチ、アスレティックトレーナー、フィットネスインストラクターなどの方が資格を取得しています。またCPTは、個別のアプローチを用いて、クライアントの健康と体力のニーズに関して、評価、動機付け、教育、トレーニングやコンディショニング全般の指導を行う優れた専門的能力をもつ人材を認定する資格です。

初級障がい者スポーツ指導員資格

公益財団法人日本障がい者スポーツ協会

障がい者スポーツ指導員とは公益財団法人日本障がい者スポーツ協会が主催団体となって、障がいを抱えた人が体を鍛えたり、スポーツを楽しんだりするのをサポートするために適切な指導を行う専門家のことで、初級・中級・上級が設けられています。
初級スポーツ指導員は、主に初めてスポーツに参加する障がい者に対し、スポーツの喜びや楽しさを重視したスポーツの導入を支援し、障がいの基本内容を理解し、その導入に必要な基本知識・技術を身につけ、実践にあたっては健康や安全管理を重視した指導ができる者で、さらに地域の大会や行事に参加すると共に、指導者組織の事業にも積極的に参加するなど地域の障がい者スポーツの振興を支える役割を果たすことを目的としています。